結婚指輪の種類の多さに迷う場合について | 大阪結婚指輪準備ガイド 手作りの場合

HOME » マリッジリング準備ガイド » 結婚指輪の種類の多さに迷う場合について

結婚指輪の種類の多さに迷う場合について

様々な種類の結婚指輪

結婚指輪の種類は多々ありますので、選ぶ際には、どのようなデザインにするのか、予算はどのくらいにするか、種類はどれくらいあるのかなど迷う種は沢山あるでしょう。
そのようなときに、具体的な案を立てる前に大きな枠で既製品を購入するのか、オーダーメイドにするのか、手作り結婚指輪するのかなどを決めておくと選びやすくなることもあります。

実際には、店舗に行ってみないとわからない点は、沢山ありますし、店舗のスタッフとどのようなものにするのか相談しておくことも必要なことです。
その際に、既製品やオーダーメイド、手作り結婚指輪の違いがはっきりとわかっていれば指輪選びにも役に立つでしょう。

そこで、既製品のものから順番に説明していきます。

既製品、オーダーメイド、手作り結婚指輪の違い

既製品は、店舗のガラスケースの中などに売られているもので、購入者のアレンジや職人の調整などが入っていないものになります。
実際に指にはめてみたり、店舗の人と相談しながら店舗にある様々なデザイン、サイズ、各ブランドの中から選んで購入するのが一般的です。

また、サイズなどがなければ別の店舗から取り寄せを行うことができますが、店舗の規格外のサイズの場合は、次に説明するオーダーメイドをすることもあります。
オーダーメイドは、既製品で自分の指に合うサイズがない場合や既製品ではなく少し個人のアレンジを加えたい場合、もしくは、他の人とは一切かぶらない自分たちだけの指輪を購入したいときなどに店舗の人に依頼します。

そうすると、プロの職人の手で実際にオーダーメイドの商品が作られてくるシステムになっています。
既製品と比較すると料金がかかってしまったり、手元に届く到着時間が長くなってしまうことがデメリットですが、他の既製品とは違う満足感や大切にしようとする気持ちは味わうことができるでしょう。

最後が、手作り結婚指輪です。
こちらは、自分たちの手で指輪を1から作成していきます。

低価格、短時間で既製品同様の作品がつくれますし、オプションのダイヤモンドなども質のよいものが豊富にあり、仕上げはプロの職人が加工してくれます。
例えば、大阪結婚指輪準備ガイドのようなガイドや専門サイトも豊富にあります。

結婚指輪にどのような特別感を求めるかによって、どの購入方法にするのか選んでみても良いでしょう。