手作り結婚指輪の準備方法 | 大阪結婚指輪準備ガイド 手作りの場合

HOME » マリッジリング準備ガイド » 手作り結婚指輪の準備方法

手作り結婚指輪の準備方法

2人でしっかり話し合うこと!

結婚指輪は、どうやって手作りすれば良いのでしょうか。まずは2人で、確認を取り合って下さい。幾ら手作りを希望していたとしても、相手にその気がなければ無意味です。「手作りなんて面倒くさい」なんて言われたら、結婚指輪探しは暗礁に乗り上げます。
わざわざ自分達の手で作らなくても、世の中にはプロの職人が作った結婚指輪がたくさんあります。なぜ結婚指輪を手作りするのかをよく考えた上で、2人でしっかり話し合うようにしましょう。

話し合う内容は?

2人で話し合う際には、結婚指輪を手作りする日時やお金のことについても相談すべきです。大阪にある工房のほとんどは、予約制となっています。仮に良い工房が見つかったとしても、2人の時間が合わなければ意味がありません。どちらか1人が行った所で、手作りの意味がなくなります。
お金は、誰がどういう形で支払うかをはっきりさせましょう。お互いに折半するのもよし、どちらか一方がまとめて支払うのもありです。2人の収入を検討した上で話し合えば、間違いはないでしょう。

工房に予約を入れる

2人の意見がまとまれば、工房に予約を入れます。予約方法は工房にもよりますが、大阪であれば電話かインターネットになるでしょう。
なお工房は工房でも、ネックレスなどを取り扱っている工房もあります。ただ他のアクセサリーを取り扱っている場合、「工房」という名前がついているお店になっているかもしれません。工房を探す際には本当に結婚指輪を自分達の手で作る方の「工房」なのか、しっかり確認を入れておいて下さい。

予約当日について

予約日時が来たら、2人で工房へと赴きます。もし予約時間に遅れそうになったのならば、必ず工房まで連絡を入れるようにしましょう。連絡を入れなければ、自動キャンセル扱いになってしまいます。
工房に到着したら、スタッフと打ち合わせをした後に制作へと入ります。スタッフの打ち合わせは、結婚指輪のデザインや結婚指輪の価格についての提示になるでしょう。スタッフの話にお互いが納得したら、手作りに取り組んで下さい。