結婚指輪のサイズ直しができる条件とは | 大阪結婚指輪準備ガイド 手作りの場合

HOME » マリッジリング準備ガイド » 結婚指輪のサイズ直しができる条件とは

結婚指輪のサイズ直しができる条件とは

サイズが変わっても使い続けられる結婚指輪を

サイズ直しをすると指輪のサイズを微調整できますので、将来指のサイズが変わったときにも同じ指輪を使い続けられますが、どんな指輪でも必ずできることではありません。
一生使える指輪を大阪で購入したいときは、サイズ直しのことも考えて結婚指輪を選ぶことが大切です。
知っておきたいポイントを紹介しましょう。

頑丈すぎる指輪を避ける

サイズ直しはリングを一度切断して素材を継ぎ足したり、一部を切り取ったりして大きさを調整しますから、切断の難しい頑丈な指輪ではできない場合が多いのです。
そこまで頑丈になるのは、チタンのような非常に強度の高い素材を選んだ場合のほか、鍛造法とよばれる製法で作った場合などです。
鍛造法とは金属の棒を熱しながら叩いて曲げるなどして指輪にする製法で、頑丈さを売りにしているショップや工房などでよく採用されています。
サイズ直しができる指輪にしたいなら、結婚指輪によく使われている合金のプラチナやゴールドといった頑丈すぎない素材を選びつつ、鋳造法で作られた指輪にするといいでしょう。
鋳造法とはワックスと呼ばれる柔らかい素材で指輪の模型を作り、それで型取りしてから溶かした金属を流して固め、ワックスで作ったとおりの指輪を完成させる製法です。
鍛造法に比べて金属が特別に鍛えられる方法にはならないため、サイズ直しができないほどの強度にはなりにくいのです。

宝石や装飾を全周につけない

リングの全周に装飾や宝石をつけるデザインも人気がありますが、サイズ直しにはあまり向いていません。
リングを切断して一部を取り除いたり、素材を継ぎ足したりしたときに装飾が途切れ、おかしな指輪になってしまうためです。
装飾や宝石をつけてもいいのですが、全周にいれるのは避けましょう。
たとえば半周にだけそれらをつけ、残りには何も入れていない指輪なら、何もないところを切断してサイズ直しができます。

購入時に確認すると確実

サイズ直しができる指輪にするためのポイントを押さえつつ、購入前にショップや工房でも確認するとより確実です。
全周に宝石や装飾のある頑丈な指輪でもなかにはサイズ直しができるものもありますので、販売者や製造者と相談しつつ選ぶといいでしょう。