結婚指輪の歴史 | 大阪結婚指輪準備ガイド 手作りの場合

HOME » マリッジリング準備ガイド » 結婚指輪の歴史

結婚指輪の歴史

結婚指輪の歴史

今では当たり前のように使われている結婚指輪ですが、これはいつから使われているアクセサリーなのか、その歴史はどこまでさかのぼるのかというと、この指輪が使われ始めたのは中世ヨーロッパではないかと言われています。
このころに結婚する男女の間で指輪を交換するという習慣が生まれ、次第に定着していきました。
言い伝えになりますが、結婚指輪は現在とは意味合いが違った部分があり、結婚した男女はその指輪を生涯つけ続けるのが当たり前だったとも言われています。

現在でもそのように指輪を使う方もおられるでしょうが、寝る時や仕事のときは外すといった方もおられますし、そもそも結婚指輪を用意していない方もおられるでしょう。
結婚指輪の歴史をさかのぼると、当時はそのように夫婦で自由に使うアクセサリーではなかった可能性もあるのです。
もちろん現在では変わっており、夫婦の趣味や考えに応じて使うアクセサリーとなっています。

日本に伝わったのはいつ?

結婚指輪の歴史の始まりは中世ヨーロッパと言われていますが、日本ではその歴史はいつから始まるのかというと、明治時代とされています。
これより前の時代の日本には指輪を使う習慣はあまりなく、結婚した男女がおそろいのペアリングをつけることはほとんどありませんでした。
明治に入って西洋の文化が国内に伝わり、社会に大きな変化があったことは有名ですよね。
結婚指輪の習慣もこの時代に日本へと伝わり、結婚指輪を使う人も現れ始めたとされます。
そしてこの習慣が根付いたのはもう少しあととなり、高度経済成長期を過ぎたあたりから現在のように完全に定着したと言われているのです。

現在の結婚指輪

このような歴史で現在に伝わっている結婚指輪ですが、今では結婚した男女がおそろいの指輪をつけるのはおしゃれとしても人気ですし、目に見える愛の証としてもよく使われています。
単なるペアリングではなく、最近ではこだわりの結婚指輪も選べるようになっていますから、興味のある方はぜひ結婚指輪を作ってみるといいでしょう。