結婚指輪は細めが人気 | 大阪結婚指輪準備ガイド 手作りの場合

HOME » マリッジリング準備ガイド » 結婚指輪は細めが人気

結婚指輪は細めが人気

結婚指輪は日常生活に差し支えないものを

結婚指輪を選ぶときにはよく「日常生活に差し支えがないものを」と言われますが、これは家事や仕事をするときに邪魔になってしまったり、汚れや傷がつきやすくなるからです。
たとえばすごく派手なデザインの指輪をつけていれば何をした拍子に壊れてしまったり、大きな傷がついてしまうこともありますし、そういったダメージも目立ちやすいのです。
せっかくの結婚指輪なのに汚れや傷でボロボロになってしまってはいけませんから、普段から身に着けることを想定して購入するなら、傷やよ汚れが目立ちにくいデザインのものを選んだほうが賢明です。
もっともおすすめなのはストレートタイプのプラチナリングで、結婚指輪と言えばこのタイプがスタンダードになります。

リング幅は細めが人気

またリング幅もあまり広いものだと指に違和感があったりして着けにくいという人がけっこういるので、細めのものが人気です。
細めであれば着けている感覚もそれほどありませんし、シンプルなデザインなので傷や汚れがついても目立ちにくいです。
もともとプラチナは傷や汚れには強い素材なのでシンプルなデザインで、しかも細めであれば長く良い状態をキープできるでしょう。
そして結婚指輪と言えばダイヤモンドをあしらったものが定番になりますが、細めのリングの場合はダイヤモンドもそれほど大きなものよりは0.3カラットくらいの大きさがおすすめです。

控えめに、でもおしゃれに

0.3カラットのダイヤモンドであればシンプルなプラチナリングに華やかさを加えてくれるので、控えめながらもおしゃれなイメージを与えてくれますので、どんなスタイルにもマッチしますし年齢を重ねても違和感なく身に着けられます。
実際に0.3カラットのダイヤモンドリングはとても人気がありますし、価格も比較的手ごろなものが多いです。
これから結婚指輪を選ぶカップルの皆さんはこういったところにも注目してみてください。